日本に住んでいる以上起こりうる災害の中に地震があります。

この地震に備えて、建物の状態を知るのに便利な「耐震診断」というものがあります。

日本耐震診断協会では、旧耐震基準で造られた建物や、劣化が気になる建物を、現在使用されている構造基準(耐震基準)で耐震の現状を確認することができます。

診断の大雑把な流れは、予備調査として設計図の有無を確認して、建物の概要・構造などをチェックします。

現地調査や実測などを終えてから、更に1次調査・2次調査、精密調査などが続きます。

細かいことはよくわからなくとも、建物の状態をよく把握した診断者が建物に適した調査方法を提示してくれます。

日本耐震診断協会は診断実績も多くあるので安心できます。