2011年の東日本大震災以降、原子力発電が不安視されています。

そこでソーラーパネルを取り付けて、電力を補おうとする企業や家庭が増えてきました。

補助金制度の充実や設置費用の低下が、設置を後押ししています。

しかし、トラブルもあります。

多いのが雨漏りの問題です。

ほとんどの架台設置工事を行う会社は、屋根に関しては知識が少ないことが原因です。

株式会社LIGHT’Sは野立て太陽光発電架台設置のプロです。

元々が業歴20年以上の建築屋のため、設置の土台となる屋根についての知識も豊富です。

雨漏りする原因は、鉄骨屋、防水屋などが分離施工することにあります。

LIGHT’Sでは、屋根、防水、塗装、架台全てを自社責任で施工しています。

大切な家を守るためにもプロに任せて下さい。

架台も鉄骨のため納期も早く、料金も安いというメリットもあります。

Comments are closed.