昔は一軒家が中心でしたが時代が変わりアパートが立ち並ぶようになり今ではマンションに住む人が約1300人と言われています。

そのマンションに住む人達の生活を安全で快適な生活ができるように管理しているのがマンション管理会社です。

また、昔の一軒家とは違い、マンションは一つの建物に大勢の人が居住しているため建物の設備や管理面でサポートしてくれているのがマンション管理会社なので、共用部分での問題や外壁や階段・エレベーターなどの老朽化による修理や点検についても管理してくれています。

つまり、全ての基本となる生活が安全で安心に過ごせるようにサポートしてくれているのです。

その上、住人の意見をどれだけ聞いて問題を解決してくれるかで管理者の姿勢が見えてきます。

Comments are closed.