柏市といえば千葉県を代表するショッピングエリアの一つ。古くは水戸街道の宿営地として賑わいをみせ、明治時代には常盤線が開通し駅も設置されたことがきっかけになり、現在の活気ある街並みの礎を形作りました。戦後はベッドタウンとしても発展し多くの方々が柏に新築住宅を構えるにいたっています。

衣食住あらゆる条件でバランスの取れた環境にある柏市とその周辺エリアでは、依然として新築住宅への高いニーズがあります。しかし理想のお住まいを手に入れるには、皆さんの独力では限度があるのは確か。どのようなデザインで、費用面ではどこまで負担できるのか、エクステリアはどのような外観にするのかなど、皆さまの押すまいに傾ける思いには一方ならぬものがあります。その理想を実現させるためには、その道の専門集団のサポートを受けることが必要不可欠になっているのです。柏市のポラス(POLUS)ではかねてより地域にねざした営業方針を採用しており、地域の方々の新築住宅の販売に数多くの実績をあげてきました。ユーザー視線での住宅会社をつくることをコンセプトに、徹底した顧客満足度の高さの追及に取り組んできて歴史があります。お住まいに対するお客様の理想を形にするべく、直営責任一貫施工体制を採用、下請け孫うけが当然の商慣習になっている建設業界にあって、責任の明確な自社施工体制の充実に努めてきました。高い技術を継承するために自社での大工育成など人材面での充実にも尽力しています。

Comments are closed.