日本の住宅で、海外の家と比べて見ますと明らかに差があるのが断熱性です。

壁などの断熱性は高いのですが、窓の構造や素材などの要素が大きな原因です。

室温が外に逃げていく場所で一番多いのが窓で、外からの冷たい冷気がサッシなどから伝わって結露になったりもします。

そのために最近は二重窓に変更する事や、サッシの材質を樹脂製に変えて熱の伝導率を低くする事などから、ガラスを遮熱性のあるものに交換するリフォームが注目されています。

断熱性を高めますと、快適な暮らしだけでなく、燃料費を軽減できて省エネや環境に優しい家となりますので魅力です。

さまざまな窓の診断から工事までを手掛けていますのが、協和コーポレーションという会社です。

こちらの会社では自社工場で組立を行いますので、窓工事が半日程度で終了します。

ホームページには、窓のリフォームについての丁寧な解説がありとてもわかりやすく、窓交換やサッシ交換などの実例も紹介されています。

高断熱の窓にする事で、暑さ寒さや結露対策などに効果がありますので、興味がある人にはこちらのホームページを見て欲しいです。

Comments are closed.