古くなったマンションや賃貸オフィスビルなどの場合、外壁のタイルが剥落する危険性が高くなっているので、定期的に専門業者に調査を依頼することが必要になります。

調査を怠ってしまい、タイルが落下などしてしまったときには、責任問題になってしまい、万が一通行人に怪我を負わせてしまった場合などは、損害賠償問題に発展してしまうでしょう。

タカオプランニング株式会社では、そういったビルオーナーからの外壁調査を請け負っており、赤外線調査なども得意としております。

赤外線調査は、タイルの打診法による調査に比べて、建物外部に足場を組む必要がないというメリットがあるので、防犯の面からも十分にメリットが高いものとなっています。

Comments are closed.